試験内容|調理師の資格を持っていることで食のプロの証明ができます
メンズ

調理師の資格を持っていることで食のプロの証明ができます

試験内容

調理器具

調理師の資格を取得したい場合は、一定の調理技術の他に、食文化概論や食品衛生学、栄養学など様々の知識が必要なのです。独立する際に、調理師資格が必要だと思われていますが必要はありません。独立に必要なのは、食品衛生管理者という資格なのです。しかし、調理師の資格を持っていることで食品衛生管理者の資格は必要では無くなるというメリットはあるのです。調理師の資格は、毎年1回から2回実施されています。試験を受ける場所は各都道府県で実施されており、試験会場や実施日はインターネットなどで知ることができます。受験資格の申請を行い、そして区役所で願書をもらいます。そして簡易書留で試験機関に送付することで受験することができるのです。その際に、受験を受けるための受講料が発生するのでチェックしておきましょう。調理師の受験内容は、様々な分野の問題が出題されます。計60問でマークシート方式になります。そして合格ラインは全科目の合計得点が6割以上です。調理師の資格の勉強方法ですが、本屋で試験向けの本を購入して勉強することをおすすめします。実際にどんな問題かを見ることで様々な方法で勉強することができるでしょう。本には過去問などが載っているので、ぜひチャレンジしてみましょう。試験は、毎年多くの方が受験しています。試験の際には、緊張せず落ち着いて試験を受けましょう。また、問題は最後までじっくり読んで答えていきましょう。じっくり問題を解いたとしても、時間が余るので余裕をもって取り組んでいきましょう。