調理師の資格を取る方法

調理師の資格を持っていることで食のプロの証明ができます

役に立つ資格

男性

どんなに高い技術を持っていても、実際にそれだけでは簡単に成功することができないのが食の世界なのです。そこで、調理や製菓の専門家として仕事の幅を広げるため調理師資格がとても重要です。調理師資格の取得方法は一つに限らず、様々な方法で手にいれることができます。目標や将来のビジョンに合わせて資格取得を行っていきましょう。近年では、調理師の免許を必要とする企業が増えてきています。一般の飲食店や給食施設などでは、調理師の資格をもっていることが望ましいとされています。また、病院や福祉施設などの調理部門でも調理師資格を持ってないと入れないところも出てきているのです。調理師の資格は、主に調理の専門学校に通うことで取得することができます。また、レストランや喫茶店、給食施設など国が定めた基準に該当する場所で規定の実務経験があれば試験を受けることもできます。試験の内容は筆記試験のみとなっているのです。調理師は、食品を扱う中で栄養と衛生の知識が必要となるのです。調理師の資格を持つことで、調理の経験と知識の証明となり、社会的にもとても評価の高い資格となっているのです。調理師の資格を取ることで、就職・転職やキャリアアップに活かすことができるのはもちろん、独立や開業をすることもできるのです。調理師の資格を証明することで、安心してお店に通うことができるのです。また、資格を持っていることで、給与がアップしたり、より責任のある仕事を任してもらえるなど様々な場面で調理師の資格は役に立つのです。

試験内容

調理器具

調理師の資格は、様々な分野の知識が必要となります。また、試験はマークシート方式なので選択していく方法です。落ち着いて問題を解くことがとても大切といえるでしょう。そして、全問題の6割以上を正解することで資格を取得することができるのです。

専門学校で身につくスキル

包丁と食材

調理師の資格は専門学校を卒業することで取得することができます。また、実際に現場で働いている講師陣から最新の技術なども学べるため必ずスキルアップすることができるのです。学校では、様々なコースがあり、1年制のものから選択することができるのです。

専門学校選び

料理する人

調理師の専門学校が数多くあり、その中から自分の行きたい学校を決める必要があります。これは学びたいものや環境によっていろいろと学校で異なるのでしっかり考える必要があるのです。そして自分の学びたいものを学んで調理師の資格を取得していきましょう。